Make your own free website on Tripod.com

簡易地雷の作り方

< 諸元 >
全体 直径30ミリ、高さ20ミリ、感応部10ミリ、作動重量約1キロ(防水パテの量によって異なる)、薬量約4グラム


< 性能 >
直径30ミリぐらいの本体に垂直の力を加える(踏む)と「パーン」という軽い音と共に足に軽い衝撃が走り白い煙が上がる。
金属のケースをひしゃげる程度の威力がある。


< 用意するもの >
押して鳴らすクラッカー
モデルガン用の6ミリキャップ
笛ロケット花火(普通のロケット花火の火薬は黒色だがこの種類は白色)
フィルムケース


< 制作方法 >
笛ロケットから火薬を抜く。地雷1つあたり4つ分ぐらいが最適。
クラッカーを分解する。(黄色い押しキャップ、クラッカー、赤いケースを残す)
赤いケースの上、3ミリを切り取り高さ10ミリ程度になるように下も切る。それが入るようにフィルムケースを切る。
クラッカーの尻を火薬が少し見える程度に斜めに切る。(よく切れる刃物で切ること)
カットした部分に6ミリキャップを細く切ったセロテープで固定する。
もう一度クラッカーを組み立て隙間に火薬を詰め、フィルムケースに接着する。
最後に塗装し黄色い押しキャップと赤いケースの間に防水用パテを詰める。


<その他>
以上の方法はサバイバルゲーム等の遊びに使用できますが、火薬の量を変えたり地雷の中に釘等の金属片を入れると殺傷力が出ます。
その他いろいろな改造方法が有りますが、それは使用する人が使用目的に応じてお考えください。


ただし、くれぐれもご注意ください(本当に作ると現行の法律に抵触する恐れがありますのであくまでも知的好奇心を満たすだけにとどめてください)