Make your own free website on Tripod.com





TOONTOWN

Saturday 21 September, 1997.



DJs:


R.A.W

Eric L.

and more...


















comment




Cartoon Networkというところのプロモートのパーティーでした。人は結構来てたけどパーチー自体ははっきしいってつまらなかったです。場所がまずやばかったですね。電話でアウトサイドだといっていたので「ひさびさだ〜、今日も大自然とたわむれるぞ〜。」などとはりきっていたものの、実際いってみたらもうゲボゲバア。車からおりてみてびっくり一言、『くっさああああ〜!』....。そうです、そこは牧場だったのです。そりゃあ、もうくさいうえに地面はバフンだかギュウフンだか普通の土なんだかわからないちょっとシメッとした感じでレイブには完全に不適合なロケーションでした。たまたま中で会った友達もおいらをみつけるなりささっと近寄ってきて、「あのさあ、ここくっせえ〜とおもわない?なんつっかなあこれ、あれだよ、hamster shit(ハムスターのクソ)だぜえ、くっせえー。」とそんな感じでした。どうやら今日は2部屋の予定だったらしいんだけど機材会社の連中との手違いで1つしか部屋ができてなく、更に来る予定のDJの人達も来ないということで(なぜかは不明)全然オーガナイズされてなかったです。トランスが聞きたかったけどDJの関係でずっとDrum'n Bassがかかっていてちょっと退屈になり、今日はハナから取ると決めていたアシッド君を友達の友達からゲットしてさっそくベロの上に。50分くらいたっても全然うきうきしてこないので「ひょっとしてこれニセモンじゃね〜の?」と心の中でこそっと思いながらそこらをうろうろしてると、あらららら?ここはどこだっけ?私はだれだっけ?いつのまにかばっちしキマってました(笑)。どうやら結構強烈なやつだったらしくなにがなんだかわからなくなり、ひとりでヘヘ〜っと木にうつってるレーザーをながめながらさまよってたラシイ(あんまし記憶が定かじゃない)。途中でコンタクト(ハード)が目にはりついて取れなくなってまじでバッドにはいりかけたけど、ようやく待望の速い曲がかかり始めたのでクサを吸ってなんとか復活。スピーカーにへばりついて踊ってました。どうやらみんな速い曲を待ってたみたいでその時のバイブはすごかったです。でも結局トランスなDJは一人しか回さずまたジャングル系へ逆戻り。おいらはまたどこにいくべくもなくうろうろしてたそうな。でもあのままコンタクトも取れずにずっとDrum'n Bassだったら落ちまくってただろうなあ、きっと。よかったよかった。ああ、そうそうもうひとつ、スピーカーの前にできたでっかい水たまりくらいつぶしとけよなあ、うざったいじゃないの。アシッド飛びだから妙に気になるし。→Promoters.
あとこのパーティーでは「ポパイ」というイーが出回っていましたが、後から聞いたそれを取った人の話によると、どうやらSがばっちし入ってたらしく全然寝れなかったそうです。ピュアなイーが欲しい人は「ポパイ」は買わないこと。そんなかんじでフライヤもどっかにいってしまったしDJもだれがだれだかわからないのでこれでおわり。 写真が数枚あったのでそれを載せときます。ちなみにハムスターシットのニオイはしません(笑) 。







back